うつ病を発症させる原因とは?様々なうつ病の症状について

うつ病 原因 症状 発症

 

「完璧主義者・真面目・几帳面」(原因)…こうした性格の人が、うつ病を発症しやすいといわれています(約15人に1人が発症)。

 

そして私たちはうつ病の症状が珍しい病気だと解釈しがちですが、実は誰でもうつ病を発症する可能性があることを認識しなければなりません。

 

「なんとなくやる気がでない」症状から、最悪の場合「自らの命を絶つ」症状まで…そんなうつ病の症状と原因について、詳しく触れてみたいと思います。

 

 

うつ病を発症させる原因に迫る…

 

うつ病 原因 症状 発症

 

うつ病を発症する原因は、いったい何なのでしょうか?うつ病の原因…それは「心と脳のメカニズム」あるといわれています。

 

ここにある言葉(原因となるもの))を明記します。

 

  • 物理的=温度/気温/騒音/怪我/病気など。
  • 科学的=酸素欠乏/栄養の過不足/ダイエット/薬物/食品添加物など。
  • 精神的=人間関係/経済不安/仕事/社会不安など。

 

「~~的」の後ろに付く言葉…それはストレスです。

 

実はうつ病の根本的な原因は、脳内の神経細胞がストレス過多によって傷ついてしまうからなのです。

 

では何故、脳内の神経細胞がストレス等々によって傷付き、うつ病の原因を発症してしまうのでしょうか。

 

健康な脳神経細胞は神経線維が非常に太いため、情報伝達がスムーズに流れます。しかし脳神経細胞の神経線維がストレス等々によって傷付くと(細くなる)、次第に情報伝達に支障をきたし始め…その結果、うつ病を発症してしまうのです。

 

これが、うつ病の根本的な原因なのです。

 

スポンサーリンク

 

そしてうつ病を発症してしまうと、次から次へ自分自身の考え方がマイナス思考へ転換されてしまいます。「すぐイライラしてキレる/怒りっぽくなる(攻撃性が強くなる)/不安/無気力/落ち込む/悲しくなる…そして、死にたくなる」

 

また、こうしたうつ病の原因を科学的に検証してみます。

 

脳内の伝達情報は神経細胞のシナプスから神経伝達物質を出し、受け側である神経細胞と結びつくことによって伝達情報が伝わります。この神経伝達物質に含まれるセロトニン/ノルアドレナリンが減少すると、うつ病の症状を発症するといわれています。

 

うつ病を発症させる原因(メカニズム)が、理解できたでしょうか。こうしたうつ病の原因を考えれば、改めて誰もがうつ病を発症する可能性があることがわかったと思います。

 

 

さまざまなうつ病の症状~身体的&精神的~

 

うつ病 原因 症状 発症

 

うつ病の症状には、身体的特徴と精神的特徴を見ることができます。

 

精神的特徴

うつ病の症状で最も大きいのはマイナス思考…つまり、「不安/悲しみ/焦り」です。最初は楽しいことがあればいいなぁと思う思考が残っていても、それがないとわかると何をしても無駄じゃないかといったマイナス思考が生まれ、次第に何かことあるごとに悲しみに包まれてしまう精神的な症状です。

 

うつ病で、やる気がわかないといった精神的な症状もよくみられます。やる気がわかないの特徴として、普通の怠け者は「やらなくてもいいや。」という感情ですが、うつ病の人の場合「やらないといけないが、どうしてもやる気になれない。」(精神運動抑制)という感情が交差します。

 

スポンサーリンク

 

頭が働かない(回らない)と感じるのも、典型的なうつ病の症状だといえます。例えば会社内で「アイデアが浮かばない。」というちょっとしたマイナス思考だったものが、自然と「自分はもうだめだ/周りの人に申し訳ない。」といった自責の念が募り、その悪循環が知らない間にうつ病の症状を発症するというものです。

 

うつ病の症状として最も危険なのが、自殺/自傷行為です。うつ病の症状が重傷になってしまうと、その症状に悲観して死んでしまう人もいれば、自分自身もさほど意識せずフラッと自殺をする人もいるようです。

 

 

身体的特徴

うつ病の身体的特徴として、眠りが悪い(浅い)という症状があります。この眠りが悪い(睡眠障害)三大症状は、「寝付きが悪い/夜中に起きる/朝早く目が覚める」といったものが挙げられます。そしてうつ病の症状(睡眠)の場合、レム睡眠(眠りが浅い)がメインとなります(結局、脳が休まらずうつ病の症状が悪化することに)。

 

慢性的に身体のあちこちに痛みを感じるのも、うつ病の身体的症状といえます。その痛みの中でも特に多いのが頭痛で、ズキズキ痛むというよりどんよりした痛み(重さ)に悩まされる症状です。

 

その他のうつ病の身体的症状として、「食欲過多(減退)/胃腸の調子が悪い/目や耳が悪くなる」といった症状が挙げられます。

 

ここに明記したうつ病の身体的&精神的な症状は、ほんの一部にすぎません。それほどうつ病の症状を発症すると、自分自身が深い闇へ追い込まれそうになるのです。