うつ病を克服するための正しい治し方とは

うつ病 克服 治し方

 

2010年に5ヶ月間休養…これは、まだ記憶に新しいと思います。ナイナイの岡村隆史さんは、うつ病を克服した芸能人です。

 

その当時、岡村さんは次ようにふり返っています。「自分が自覚できないほどの負担(ストレス)を心身にかけていたことに、気付くことができなかった。」と…。

 

ここではどうすればうつ病を克服することができるのかといった、うつ病の治し方について考えてみたいと思います。

 

うつ病を克服するにはストレスの開放や感情の開放…

 

うつ病 克服 治し方

 

うつ病を克服するためには、自分自身が思っている感情を開放しなければなりません。「大人が感情を露わにするになんて格好悪い!」と感じる人もいると思います。

 

しかし、感情の開放とはそういう意味ではありません。感情を開放する/開放しないといった場所を、的確に判断(選択)することができる人がうつ病を克服することができるのです。

 

例えば、「夕日の前でバカヤロー!と叫ぶ」「カラオケで大声を出して歌う」…これは、上手な感情の開放の仕方だといえます。つまりうつ病を克服するためには、「大声を出す/身体を動かす」といった行動が重要なのです。

 

うつ病に悩んでいる人は、そうした感情の開放をうまく表現できない人が多いのです。そのため負のエネルギーが知らない間に体内(精神)に溜まってしまい、自分自身でそうした感情を克服しようとしてもできない状態に陥ってしまうのです。

 

「大声を出す/身体を動かす」といった行動は、そうした負のエネルギー(抑え込まれたエネルギー)を消耗させることであり…しいては、うつ病の克服に繋がるのです。

 

スポンサーリンク

 

またそうした感情の開放と同時に重要なのが、「緊張した筋肉を緩める」ことです。これがうつ病の克服の第一歩となります。

 

私たちの筋肉は、骨を支えています。実例を挙げれば…筋肉が緊張すると、骨が筋肉に引っ張られて歪みます…。これは筋肉の緊張状態を指していて、一種の精神的ストレスに繋がっているのです。

 

そして精神的ストレスを解消するためには、緊張した筋肉を緩めてあげる必要性があるわけです(うつ病の克服)。

 

例えば身体の緊張を緩めるため、軽くストレッチをするとします。そうすると、体内である現象が起こります。それは留まっていた「血液/リンパ液/脳脊髄液」の循環が良くなり、ストレスを緩和…つまり、うつ病の克服に繋がっていくからです。

 

このように「感情の開放/筋肉を緩める」ことが自分自身からネガティブ思考を取り除き、しいてはうつ病を克服することができるのです。

 

 

焦らず気長に…それがうつ病との接し方(治し方)

 

うつ病 克服 治し方

 

うつ病の治し方と接する場合、気を付けなければならないことがあります。それはうつ病は「良くなったり悪くなったり」…つまり、症状が一進一退を繰り返しながら徐々に快方に向かうということです(うつ病の治し方で重要なのは、焦らないこと)。

 

だから良くなったと思われたうつ病が急に悪くなったとしても、まったく悲観することはありません

 

うつ病の治し方…それは時間を要する治療なのですから…。

 

またうつ病の治し方で重要なことは、しっかり休養を取り心身の負担(ストレス)を開放することです。

 

もちろん、うつ病の治し方は心身の問題だけではありません。脳の疲れを取り除くことも、重要なうつ病の治し方に含まれます。「脳の疲れを解消…十分な睡眠時間を摂取すること」

 

それとこうしたうつ病の治し方に、必要不可欠なものがあることを忘れてはいけません。

 

スポンサーリンク

 

それは専門医が処方する薬物療法です(脳内神経伝達のバランスの乱れを調整)。

 

しかしうつ病の患者さんの中には、「薬物療法に頼ることは甘えに繋がる。」と感じ嫌がる(抵抗感)場合も…。それは大きな間違いだといえます。

 

脳内で発症している異常(障害)をしっかり治さなければ、根本的なうつ病の治し方にならないからです。もちろん、自分自身が信頼できる専門医(精神内科)に処方してもらうのが絶対条件となります。

 

最後に…うつ病の治し方で最も大事なことかもしれません。それは、絶対に自殺をしないということです。

 

うつ病を発症してしまうと、「死んでしまいたい/消えてなくなりたい」といった感情に揺れ動かされることが往々にしてあります。うつ病という症状は、人をそういう感情にさせるのです。

 

しかしうつ病の治し方を実行し続けると、そうした感情の起伏はなくなります。死ななくて良かったと感じるようになります。

 

死んでしまっては、うつ病に負けてしまうことになります。

 

とにかく、長いスパンでうつ病の治し方と向き合ってください。そうすれば、必ずうつ病は快方に向かいます。