うつ病の頭痛から見えてくるさまざまな症状について

うつ病 頭痛 症状

 

頭痛だけでなく、めまいも発症する

 

うつ病の症状(痛み)の1つに頭痛があります。実は症状(痛み)の中で、もっとも発症しているのが頭痛なのです(約35%)。

 

ちなみに原因は、神経伝達物質であるセロトニンが急激に減少することによるものです。

 

そして、その痛みの前後に現れる症状があるのです。それが「めまい」なのです。

 

ただし、めまいはうつ病者によって様々な症状を見せるそうです。「全身に力が入らない/目の焦点が合わない/とにかく、ふらつく(疲れ切った感じ)」

 

うつ病を発症すると、様々な痛みも伴うのです。

 

 

頭痛の治療は市販薬では効かない

 

うつ病の頭痛は心因性が原因であるため、市販されている薬を処方しても効果がありません。そして何もわからずそれを処方し続ければ、さらに激しい痛みを伴うことになりかねません。

 

では、どのような薬が効果を発揮するのでしょうか。それは「セロトニン(神経伝達物質)」です。

 

スポンサーリンク

 

頭痛は、脳内から放出されるセロトニンが減少することによって発症します。

 

だからセロトニンを増やせば、痛みを緩和することができるのです。(ちなみにセロトニンは、偏頭痛にも効果があるといわれています。)

 

 

身体の痛みは、頭痛だけでなく胃痛にも現れる

 

うつ病 頭痛 症状

 

うつ病は心の病といいますが、身体のあらゆる部分に痛みを発症します。

 

その代表症例が頭痛ですが、実は胃にも(胃痛)現れます。

 

私たちは「ストレスで胃が痛む」といった表現をしますが、うつ病にも顕著に出てくるのです。

 

うつ病の原因の1つはストレスであり、そのストレスの影響をもっとも受けやすい器官が消化器官なのです(胃や腸)。

 

現にストレスが蓄積した結果、胃痛を発症しその状態が長く続けば、うつ病を発症してしまうことが往々にしてあるのです。

 

 

通常、頭痛と耳鳴りは同時に発症しない

 

頭痛と耳鳴りは同時に発症しないといわれていますが、何故か発症してしまう。

 

その主な原因は、3つ考えられます。それは自律神経失調症/更年期障害、そして心因性によるもの(つまり、うつ病)。

 

もしみなさんに頭痛と耳鳴りが同時に発症した場合、とにかく心と身体をリラックスさせることが必要になります。

 

休養を取ることはもちろんのこと、改めて生活習慣の改善を考えてみてください。

 

きちんとした生活習慣を実践すれば、いつのまにか症状が緩和されていることに気付くと思います。

 

 

うつ病の頭痛と吐き気は同じ原因

 

うつ病 頭痛 症状

 

うつ病による身体の痛みは様々ありますが、頭痛と同時に吐き気を発症することはよくあることです。

 

何故ならこの2つの症状は、原因となるものが一緒だからです。その原因は「神経伝達物質セロトニン」です。

 

脳内から分泌されるセロトニンが急激に減少することで、2つの症状が発症しているのです。

 

どちらにしても原因がわからない頭痛や吐き気が続くようであれば、うつ病を疑ってみてはいかがでしょう。

 

ちなみに、この症状で専門医へ訪れた5人に1人が発症しているという統計が出ています。

 

 

うつ病の頭痛で後頭部が痛むのは緊張型頭痛

 

複雑な人間関係によってストレスが蓄積した結果、うつ病を発症している人が急増しています。そして身体に起こる症状として、頭痛を訴える人が増えています。

 

またその症状の顕著な例に、後頭部の痛みがあります。(後頭部に痛みを感じる症状を「緊張型頭痛」といいます。)

 

スポンサーリンク

 

この特徴はどんよりした痛みを発症し、吐き気や嘔吐を伴うことはありません。

 

またお風呂に入浴すると、ストレスが緩和されて痛みが治まるといった特徴を含んでいます。

 

 

うつ病の頭痛を緩和するロキソニン

 

うつ病 頭痛 症状

 

うつ病の顕著な症状の1つに頭痛があります。

 

そしてこの痛みに効果があるとされている治療薬がロキソニンです。

 

「ロキソニン?」聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。実はロキソニンは炎症による腫れ/痛みを和らげたり、歯痛によく使われているからです。

 

以前、ロキソニンは医師の処方箋がなければ購入することはできませんでした。しかし、現在は市販薬局で購入することができます。

 

またロキソニンはあくまでも効果があるだけで、厳密にいえば治療薬とはいえないのです。

 

 

うつ病は頭痛と眠気が同時に襲ってくる

 

うつ病の典型的な症状に「頭痛と眠気」があることをご存知でしたでしょうか。

 

確かに頭痛は身体の顕著な痛みとしてわかりますが、眠気は?

 

実はうつ病を発症している人は、さまざまな不安にかきたてられ寝付けなかったり、途中で目が覚めてしまうことが多いのです。その結果、昼間に眠気を感じるのです。

 

つまり普段から強いストレスを感じている人ほど、頭痛と眠気が同時に襲ってくるのです。

 

ストレスは、私たちの身体にさまざまな悪影響を及ぼしているのです。

 

 

頭痛の薬は処方通りに服用する

 

うつ病 頭痛 症状

 

私たちはうつ病の頭痛を抑えるため、医師に処方された薬を服用します。ここで、いくつかの注意事項があります。

 

「まだ頭が痛いから、もっと薬を服用しよう。」なんて、考えないでください。効果がある薬でも、処方通りに服用しなければ効かなくなる恐れがあるからです。

 

また「効果があったから、もう薬を処方しなくてもいいや。」なんて、自分で決めつけないでください。その瞬間から、また頭痛が発症する可能性もあるからです。

 

医師の指示に従ってこそ、薬は薬としての効果を発揮するのです。

 

 

頭痛が治まったとき、それが回復の時期

 

うつ病の典型的な症状である頭痛が治まってきた。それは、うつ病の回復の兆し(可能性)が高くなってきたことを意味します。

 

しかしこの回復の時期だからこそ、絶対に注意してほしいことがあります。

 

  1. やりたいと感じたことでも、無理をせず少しずつ行う(体調が良いからといって、一気にしない)。
  2. その日の体調の良し悪しで、一喜一憂しない。

 

是非、この2つの注意を守ってください。

 

何故なら、回復する時期は調子の波長が非常に大きくなるのです。「良くなったり悪くなったり」を繰り返し、自然と良くなっていくのが回復なのです。