うつ病で発症する睡眠障害の特徴や症状とは?

うつ病 睡眠障害 特徴 症状

 

睡眠は心身の疲労回復をもたらすだけでなく、日々の生活を活力あるものにしてくれます。しかし、その睡眠を妨害する病気があります。それがうつ病の睡眠障害です。

 

うつ病による睡眠障害にはさまざまな原因が考えられるように、その治療法もさまざまです。

 

ここではうつ病と睡眠障害の関係性だけでなく、自分自身の睡眠の問題を把握することにもスポットを当ててみようと思います。

 

 

不眠症とうつ病の睡眠障害は違う…

 

うつ病 睡眠障害 特徴 症状

 

まずここで問題視して頂きたいことは、うつ病の睡眠障害とそれ以外の不眠症(睡眠障害)といわれる症状は根本的に違うということです。

 

通常、不眠症を訴える人の場合、自分の感覚ではよく眠ることができないと思っているわけで…しかし蓋を開けてみると、実際はよく眠っている場合が多いのです(神経症性を患った不眠症)。

 

しかし、うつ病の睡眠障害(不眠症)は違います。本人が「睡眠障害を発症している。」と主張し、実際にその姿を検証してみると本当に眠っていないのです。

 

例えば2~3時間眠ると目が覚めてしまい、それ以降、眠いにも拘わらず寝ることができない症状が続くのです。これこそが、うつ病の睡眠障害の真実なのです。

 

スポンサーリンク

 

そして、ひとたびうつ病の患者さんが睡眠障害を発症してしまうと、食欲減退による体重減少といった症状を引き起こします(睡眠障害によって、食事ものどを通らなくなる)。さらにうつ病の睡眠障害が深刻な状態になってしまうと(睡眠障害を悩み過ぎてしまう)、最悪の結果として自殺を図ることもあるのです。

 

またうつ病の睡眠障害とそれ以外の不眠症の大きな違いとして、夜中に目が覚めた時の行動パターンが挙げられます。

 

神経症性の不眠症の場合=夜中に目が覚めてしまったことに対して、言いようのない怒りを覚えます。もちろん、その怒りは自分自身ではなく家族に対してです。

 

うつ病の睡眠障害の場合=夜中に目が覚めてしまったら、熟睡中の家族を起こさないように一人静かにボーッと夜空(天井)を眺め続けます(そして、夜が明ける)。

 

ただし言えることとして、ある意味、不眠症もうつ病が引き起こす軽度の症状だということです。それ故、不眠症は睡眠薬/精神安定剤+軽度のうつ病薬を処方すれば治ります。

 

そしてうつ病薬を処方されてもなかなか症状が克服できないのが、うつ病の睡眠障害なのです。

 

 

うつ病で発症する睡眠障害の特徴について

 

うつ病 睡眠障害 特徴 症状

 

精神疾患の代表的な病気であるうつ病には、大きな特徴が見受けられます。それは、うつ病の大半の患者さんが睡眠障害を発症していることです。

 

そんなうつ病の睡眠障害には、早期覚醒という特徴があります。

 

 

早期覚醒

寝付けないままウトウト、夜中の2~3時に目が覚めると、眠たいにも拘わらず朝まで寝ることができない症状をいいます。

 

さらにうつ病の睡眠障害は夜の不眠だけでなく、昼になってもまったく眠れない症状を引き起こすのです。その結果、「食欲不振/意識(意欲)の低下/極端な落ち込み/焦燥感(イライラ)」といったうつ病の症状を増幅させてしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

しかし何故、うつ病の睡眠障害を発症すると、夜も昼も眠れなくなるのでしょうか。

 

通常、睡眠物質は私たちが覚醒している間に脳内で蓄積され、夜になると睡眠物質の誘発によって寝ることができます。実はうつ病を発症すると、その睡眠物質のメカニズムに障害が起こってしまうのです(睡眠物質が蓄積されない)。

 

そしてうつ病の睡眠障害の特徴の1つに、レム睡眠が関係しているといわれています。

 

 

レム睡眠

身体は眠っているにも拘わらず眠り自体が浅いため、脳は活発に動いている状態をいいます。

 

つまりうつ病を発症してしまうとレム睡眠ばかりで、深い眠りのノンレム睡眠に移行することができないのです。事実、睡眠障害を発症しているうつ病の患者さんは、「夢ばかりを見てしまう。」といいます。

 

ちなみに健常者の入眠時間は約20分前後ですが、睡眠障害を発症しているうつ病の患者さんの入眠時間は約1時間掛かるという統計が出ています。

 

うつ病の睡眠障害…それも夜だけでなく昼も眠ることができない…こうした症状になる前に、私たちは上手に回避できる手立てを考える必要があるのと思います。